AMAZONでの返金、キャンセル、認証エラー

ama02

クレジットカードの返金のタイミング

なんらかの理由でクレジットカード決済した商品をAmazonに返品した場合は、アマゾンから返金を受けることがOK。返金処理についてはAmazonの返品受付センターに返品したい商品が届いた時点で手続きが開始されます。返品可能な商品については返品受付センターに連絡し、商品をアマゾンに戻すだけでかまいません。

ただしこれはAmazonが発送する商品限定。別の出品者が発送する場合は購入履歴にアクセスし、そこから出品者に連絡をするという項目を選んでください。対応は出品者によって違いがあるので注意が必要です。

商品受領後、1~3日程度でクレジットカード会社に返金処理がされます。〆日前であれば請求が取り消しされるだけなので特に問題ありませんが、すでに締めを過ぎ請求が確定してしまっていた場合は一度代金を支払い、次の請求日に返金されることが一般的です。

クレジットカードの支払いキャンセルは可能か?

基本的にAmazonが販売・発送する商品については、購入履歴から簡単にキャンセル手続きがOK。もちろんクレジットカード払いした商品もキャンセルすることが可能です。商品の発送前であれば支払い方法をクレジットカード払いから、代金引換などに変更することもOK。ただし発送手続きに入ってしまうとキャンセルできないこともあります。

商品が発送されてしまった後にキャンセルしたい場合は、まずサポートセンターに連絡を入れてキャンセルの意思を伝えてください。Amazonが販売・発送する商品であれば受け取りをしないことでキャンセルすることも可能です。

ただしAmazonマーケットプレイスに出品されている商品については、返品・返金、キャンセルの規定が異なる場合があります。出品者によって対応が異なるので、商品購入の際には返品・返金条件を確認してください。

クレジットカードで認証エラーが起きたら

Amazonでは商品注文時ではなく商品の発送時にクレジットカードを決済処理。注文が確定しましたというページが表示されても、まだクレジットカードの認証がおりたわけではありません。注文後にクレジットカードの認証エラーが出てしまうと商品はいつまでたっても発送されません。

認証エラーが起きてしまったときは、まずクレジットカード番号や有効期限、氏名などの登録情報に誤りが無いか確認。次に今回の請求額が利用限度額を超えていないか、また注文代金が1回分の利用可能額を超えていないかもチェックしてください。

上記のことを確認しても認証エラーになってしまうときはカード会社に連絡を入れてカードが使えなくなっていることを伝えてください。注文した商品については別のクレジットカードで決済をするか支払い方法を変更することで、発送手続きが再開されます。

認証エラーにより商品が発送されないということを回避するには、まず使えるクレジットカードなのか確認しておくことが大切。また注文時の受付メールだけでなく、購入履歴を確認し商品が正しく発送手続きに入っているのかを確認してください。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る