AMAZONにおけるクレジットカードのデメリット

ama03

Amazonでのクレジットカード悪用の実情

クレジットカード会社から身に覚えの無い請求がきたので調べてみると、Amazonで勝手にクレジットカードが使われていたという相談を見かけることがあります。Amazonでクレカが悪用されたと耳にすると、アマゾンから漏れたのではないか?アマゾンは危険な通販サイトではないか?と心配してしまうのではないでしょうか。

Amazonでのクレジットカード悪用が多いのは、日本国内だけでなく世界にサービスを提供しているということが深い関わりを持っています。たとえば何らかの形であなたのクレジットカード番号が外部に漏れてしまったとき、Amazonならばどこに住んでいてもカードを使って簡単に買い物ができます。

取扱商品数も多く、さらにPCソフトや映画、電子書籍などは配送無しで購入OK。Amazon自体が危険なサイトというわけではなく、使いやすいからこそターゲットにされてしまうというのが実情です。

クレジットカード情報の漏洩の真実

ではいったいクレジットカード情報はどのように漏洩してしまうのでしょうか。漏洩の原因を調べてみると大きく3つに分けることができました。まず、フィッシングやスキミング被害にあっている、他のサイトから流出しているというケース。これは自分で対策を取るほかありません。ネット通販によってカードを使い分け、怪しい海外サイトにはアクセスしないことが必要です。

次にランダム生成されたクレジットカード番号に自分のカード情報が一致してしまったというケース。これは自分で対策するのがとても難しいため明細を見ずに捨ててしまう、引き落とし日に口座の残高や引き落とし額を確認しない、WEB明細を見ないということは避けてください。

最後にAmazonのアカウント情報自体が漏れてしまい勝手に利用されてしまうケースです。ログイン名やパスワードを共有していたり、また他のサイトのIDと同じであったり、スマホを落とした、ネットカフェから買い物をしたなどが原因で第三者にアカウント無断利用されてしまうことがあります。パスワードを定期的に変更する、同じようなアカウント名で登録しないなどが対策です。

もしもクレジットカードを不正利用されたら

もしもAmazonで自分のクレジットカードを不正利用されたら、まずはカード会社にクレジットカードが悪用されていると連絡してください。盗難や不正利用については24時間体制で受付をしているはずです。少しでも速く連絡を入れてこれ以上被害が大きくならないようにしなくてはいけません。

そして次にAmazonのカスタマーサポートに連絡し、クレジットカード会社に利用停止の連絡を入れたことを伝えてください。購入履歴を確認し見に覚えの無い商品を買っている場合は注文番号を控え伝えてください。

不正利用されたことが判明すればもちろんAmazonは返金対応してくれます。街中で現金の入った財布を落とした場合、お金を使われてしまっても手元に戻ってくることはまずありません。Amazonのアカウント情報を悪用されてしまったときはアマゾンから、Amazonで自分のクレカが無断使用された場合はクレジットカード会社から被った損害を補償してもらうことができるので安心してください。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る